カメラや時計 その他モノ好きなオジサンのブログです


by ysoota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ノジュール

f0080600_20202762.jpg
f0080600_20204484.jpg

ノジュールの6月号が送られて来ました
さすがにプロのカメラマンが撮った写真は
ちがいますねー
[PR]
by ysoota | 2007-05-31 20:23 | 思い出のカメラ

アダプトール

f0080600_4544131.jpg

近所のキタムラでは タムロンアダプトールレンズは アダプトール付きでショーウィンドーへ並びます 過日発見した70-210にもY/Cヤシコン用と前後キャップが付いて980円だったのです 
f0080600_4571142.jpg

レンズはクモリがあったりバルサムに支障をきたしたりのクズに近いモノでしたが 一応テストしてみました
P/K用アダプトールに交換して K10Dで試写


f0080600_4572525.jpg

デジでの使用の場合 加工次第で かなりお粗末なレンズでも それなりに利用価値が有るんですねー
[PR]
by ysoota | 2007-05-29 05:08 | 新しく仲間になったカメラ

14mmの視野

f0080600_541910.jpg

僕の常用レンズは18-200のズームレンズです デジタル一眼にての使用には少し広角部が足らないので常々補強を望んでいました 

デジ一眼では この14mmも×1.5で21mmになってしまうので 14mmの真価を問う為 銀塩を用いてみました 面白い写真を撮る為には シャッター音が よく聞こえる程 被写体にグーンと近づきショットする程の気力を養わなければなりません この写真でも中央下部の女性と赤ちゃんに もっと寄ることがでたのなら 一層面白い一枚になったと思われます それは今後の課題ですネー
[PR]
by ysoota | 2007-05-26 06:24 | カメラと作例

僕の書斎?

f0080600_738552.jpg

高校生の頃 ガールフレンドの姉さんの家へ
遊びに行ったことがある
中々の邸宅で 許しを獲て
邸宅内を探索した 二階のあまり日当たりの良くない
広い部屋が ご主人の書斎だった
でっかい机に大きな椅子 その前には
ソファーが有り 机の後ろは作り付けの
本棚が二間半くらい 大変な蔵書であった
その神聖な書斎で 僕等は淫らな事を始めた
しかし残念なことに 姉さんの
「お茶が入いったわよー」の声で
その行為は中断されたのであった・・・ 
f0080600_7352617.jpg

それにしても 本格的な書斎と言える部屋へ入ったのは
あの時が最初で最後だったかなー
f0080600_7394839.jpg

我が家に有るのは とてもそんな規模のモノでは無いが
とにかく 大好きなモノだけを身の回りに置いて
過ごせる自分だけの空間が有るということはすばらしい
有名人の書斎を特集した雑誌が有り 立ち読みしてきた
皆さんの多種多様な趣味を垣間見ることができる
その中でもカメラは必須アイテムの様だ
それは実用本位のデジカメだったり
趣味のクラシックカメラだったりだが
男の持ち物としては 常に上位にランクされるのが
写真機なのである
f0080600_7561987.jpg

仮にも書斎などと のたまうのなら
一方の壁に本棚らしきモノが無いと
格好がつかない 僕自身も小説を読むことも
趣味の一つで 常に読書は欠かせない
ジャンルは主として時代劇小説であり
ご多分に漏れず 藤澤周平や池波正太郎の
フアンなのだが これは文庫本が多いので
別室のダンボール箱に蓄積されている
結局 小市民の僕には 本格的書斎というものには
やはり 縁がなかったのが現実だった
ここは単なる趣味の部屋なのである
[PR]
by ysoota | 2007-05-25 07:42 | その他好きなモノ

Petri PENTA

19日の土曜日 楽しみにしていたフリマの朝
ガーン 雨が降っていたのであります!
なんとか8:30分頃には 上がったのですが
マロニエ広場に着いた頃には また小雨
f0080600_7123144.jpg

待機中のH本商店さんが
「新しいカメラが有るよー」
とのことで 見せてくれました
フジカST601 ペンタックスSP
それに このペンタでした
三台とも 比較的キレイな革ケース付き
せっかく 僕だけの為に店開きしてくれたのだから
どれか一台と思えば
チープ感が好印象なペトリペンタしかありません
外見はきれいでしたが
ミラーアップして シャッター速度も全部同じ
おまけに絞り羽根の動きが鈍いのにも係わらず
意外に高い値付けでしたが
ご祝儀のつもりで買ってきました

おかげで 午後はシャッターの調整
ミラーアップの解除
完全ではありませんが
おおまか使える様になりました
結構 楽しめるモノです
[PR]
by ysoota | 2007-05-21 07:12 | 新しく仲間になったカメラ

湾曲しない14mm

f0080600_7485317.jpg

光学技術の発達の賜物なのか このシグマ製14mm/f2.8は 歪みが少ないんです
超広角レンズに期待される魚眼的要素が まるで無いのです?
奥行きの無い場所での集合写真等には適しているかもしれませんが
あの湾曲した面白写真が 撮れないのでは 楽しさ半減なのかも・・・
f0080600_12472785.jpg

D200で撮ってますから おおよそ21mm程ですが この通りです
[PR]
by ysoota | 2007-05-18 07:53 | 新しく仲間になったカメラ

入選外記念品

f0080600_7421341.jpg

これ 正式名称は何というんでしょうねー
レンズを3本 あるいはボディーにレンズを付けずに
二本を持ち歩く際に使うものなんでしょうが
僕の場合 実用することは 無いだろなー
[PR]
by ysoota | 2007-05-18 07:46 | その他好きなモノ
f0080600_502891.jpg

最優秀賞は みーちゃんでした 「エッヘン 来年はみんなガンバレよー!」
f0080600_457511.jpg

f0080600_4573256.jpg

[PR]
by ysoota | 2007-05-14 05:03

ラブレスもどき

今や刃長85mm程のラブレス作のカスタムナイフは50万円以上の価格で取引されている様で さすがにカスタムナイフの神様なのであります 十数年も前 原宿で行われた彼の個展[ナイフショー]で お会いした印象は 目つきの悪い不良ジジイだったのですが・・・
f0080600_19423947.jpg

朝から 例のフリマへ行くと ガラクタの中から こ汚いナイフを発見 カビだらけのシースからナイフを取り出してみると 汚れは目立つものの中々の出来 ラブレスタイプのセミスキナー ブレードはATS34[たぶん?]ヒルトはニッケルシルバー ハンドル材は牛骨 中々の秀作なのです 少しハンドルが薄いかな?と思ってグリップしてみると びっくりするほどのフィット感なのでした
f0080600_1951218.jpg

こちらは少し小ぶりで ブレードは77mmの品の良いダマスカス鋼材を用いています ヒルトはニッケルシルバー ハンドル材はウッドマイカルタ ヒルトやファスナーボルト等ミラーフィニッシュが未完成な部分もあり 少し手を加える必要があります その分 楽しめるかなー このダマスカスはステンレス系では無い様で 剃刀に代用できる程の切れ味で 早速指先を削いでしまいました イテテー! 各1500円でした
[PR]
by ysoota | 2007-05-12 19:58 | その他好きなモノ

GWの出来事 3 5/4

f0080600_7304176.jpg

朝から骨董市会場へ行けど目ぼしいモノ無し
この日は昼から ノジュールと言う雑誌の取材を受けました
http://www.nodule.jp/
カメラマンはレイルマンの中井精也氏
f0080600_73144.jpg

[PR]
by ysoota | 2007-05-12 07:34